バックトロンボーン買取 bach trombone/管楽器買取センターきさらぎ
 
無料査定フォーム
フルート買取
フルート高価買取中!ムラマツ・ヤマハ・サンキョー・ミヤザワ・パールなど
サックス買取
サックス高価買取中!セルマー・ヤナギサワ・ヤマハ・カドソン・ランポーネなど
トランペット買取
トランペット高価買取中!カンスタル・ヤマハ・シルキー・バック・コーンなど
ホルン買取
ホルン高価買取中!アレキサンダー・シュミット・ホルトン・ヤマハなど
コルネット買取
コルネット高価買取中!ヤマハ・ベッソン・コーン・カンスタル・バックなど
クラリネット買取
クラリネット高価買取中!クランポン・ヤマハ・セルマー・ルブランなど
ユーフォニューム買取
ユーフォニアム高価買取中♪ウィルソン・ヤマハ・ヒルスブルナー・ベッソンなど
チューバ買取
チューバ高価買取中!ウィルソン・ヤマハ・ベッソン・コーン・ヒルスブルナーなど
ファゴット買取
バスーン高価買取中!ヤマハ・タケダ・モーレンハウエル・フォックスなどピッコロ買取ピッコロ高価買取中!ヤマハ・ハンミッヒ・ハウエル・バーカートなどオーボエ買取オーボエ高価買取中!ヤマハ・マリゴ・リグータ・ロレー・ヨーゼフなどトロンボーン買取トロンボーン高価買取中!ヤマハ・バック・キング・コーン・ゲッツェンなどフリューゲルホルン買取フリューゲルホルン高価買取中!ヤマハ・バック・エックスオー・ゲッツェン・など
買取査定フォーム | お問い合わせ | HOME


バックトロンボーン買取

バックトロンボーンの買取について!
状態がよければ、さらに高価買取できます!

●製造年(購入年度)と楽器の品番(器種)、外装、使用状況で判断して査定を実施しています。
●付属品はハードケース、マウスピース付でお願いいたします。
●ヘコミ、さび、キズ、スライドの動きなどの状態は具体的にお知らせください。



バックトロンボーンの品番
bach trombone ※下記にない品番でもお気軽にご相談ください!
バックアルトトロンボーン

39

バックテナートロンボーン TB600.TB200,12,16,V16,LT16M,36,42
バックテナーバストロンボーン TB200B,36B/36BO,42B/42BO,LT142BO
バックテナーバストロンボーン コンバーチブル、42C/4CO
バックバストロンボーン 50B/50BO,50B2/50B2O,50B3/50B30
バックハグマン・バルブモデル テナーバス42A,basu50A3
バックセイヤーバルブモデル テナーバス:LT42TG50フリードマン,42T,バス50T,50T3

品番などの確認方法(写真はヤマハ)

■品番の刻印箇所(上管上部)
ロゴ
ベルの表面にと刻印があります。
■シリアル番号(製造番号)
シリアル番号
スライド部分に数字の刻印があります。この部分がシリアル番号です。
■外装・楽器の状態、メンテナンス
調整・修理
外装はさび、傷、へこみの状態&ピストン、スライド、ロータリーの固着状態。
管楽器買取フォーム

トロンボーンの歴史
トロンボーンの祖先は、11世紀頃の真っ直ぐな形をしたトランペット「ナフィール」。 それがS字の形に曲げられたのが、トロンボーンの先がけではないかと言われています。 15世紀の始めには、最初のトロンボーンともいうべき「サクバット」という楽器がヨーロッパに現れています。この呼び名はフランス語の「剣を引き出すsacquer」を語源としているとされ、管の長さをスライドで変えるところが剣を鞘から抜き出す動きに似ていたので、このような呼び方をされたと言われています。

ルネサンスの時代にはスライドつきのトランペットが作られ、マウスピースの差込部分をスライドにして楽器本体を動かすものや、管のU字型に曲がった部分をスライドにしたものなどがあったそうです。しかしそれらは、まだまだ演奏が難しいものだったようです。
現在のトロンボーンのような形になったのは1520年頃で、ドイツ人のハンス・メンシェルによって確立されました。その当時は、音色が人間の声と非常によく溶け合い、美しいハーモニーを奏でることから、教会音楽のコーラスの伴奏などに使われることが主流でした。
18世紀に入ると徐々に現在の形に近づき、ベルの拡大や支柱が全てパイプ状になるなどの改良がされてきました。また、19世紀になってからは、唾抜きや主管抜差管、スライド内管のストッキングや杯型のマウスピースが開発されモーツァルトの『魔笛』やハイドンの『天地創造』は色彩の強い曲で、トロンボーンに重要な役割を持たせていることでも有名です。

トロンボーンの種類
ピッコロトロンボーン ・・・テナートロンボーンより2オクターブ高いB♭管の楽器。ピッコロトランペットと管の長さが
同じで、非常に珍しく、殆ど使用されません。主にトランペット奏者が使用します。

ソプラノトロンボーン
・・・テナートロンボーンよりも1オクターブ高いB♭管の楽器。B♭管のトランペットと管の長さが同じで、スライドトランペットよりマウスピースやベルが大きく、太く暖かい音色がします。

アルトトロンボーン
・・・テナートロンボーンよりも小さめで、一般的には4度高いE♭管となります。
その他には、長3度高いD管や5度高いF管もあります。

テナートロンボーン
・・・最も基本的な構造をしており、一般的にトロンボーンといえばこの楽器を指します。
音域的に男性の声に最も近いと言われ、吹奏楽やオーケストラなどの分野によっては テナーバスに取って代わられつつあります。
音域はヘ音記号第三間のB♭とヘ音記号下第一線のEから上第4線のB♭です。 スライドを最大限に伸ばす第7ポジションを用いる場合、小柄な人は手が届かず、 紐を使わないといけない場合がございます。

テナーバストロンボーン
・・・テナートロンボーンにF管バルブを追加させたトロンボーン。 テナートロンボーンでは演奏が出来ない第1倍音と第2倍音の間の音域の、 ヘ音記号下第一線のE♭から下第三間のH(1オクターブ下も同様)を可能にした
トロンボーンです。F管のバルブを使用することによって、第7ポジションをその他の ポジションで代用できるようになっています。

バストロンボーン・
・・音域はテナーバストロンボーンと同じだが、太いベルとボアを持っているのが特徴。 バルブは1個または2個備えており、2個の場合は「インライン」「オフセット」の2種類が 存在します。

コントラバストロンボーン
・・・テナートロンボーンよりも1オクターブ低いB♭管の楽器。 スライド式のものは二重のスライドを持ち、早いパッセージの演奏が難しく、 バルブ式のものは前方に伸びた部分が下方に折れ曲がっていることが多い。

買取方法 内 容
宅配買取 楽器の買取はフォームよりお問い合わせください。メーカー、品番、購入年度、楽器状態をお知らせください。買取金額をメールでご案内させていただきます。 買い取りご希望の場合はお申込書、梱包材、ヤマト宅急便着払伝票、テープ、割れもの注意シールを無料でお送りさせていただきます。お申込書にお振込先をご記入いただき、楽器とともに着払いでお送りくださいませ。お支払いは楽器到着後3日以内に銀行お振り込みになります。
出張買取 フォームより買取査定をお問い合わせ下さい。当方より買い取り価格を記入したお申込書をメール添付します。お伺いした時に楽器を確認して本査定になります。 出張買取は名古屋市内とその周辺地域で、原則として買取金額が50,000円以上の場合です。(お支払いは当日になります)。
店頭買取

買取査定及び店頭買い取りのご予約はフォームよりお問い合わせ下さい。お申込書をメール添付又は郵送でお送りしますのでお申込書と楽器持参でご来店くださいませ(現金払い)。 
ご来店時に楽器を確認してお申し出内容と一致する場合は買い取り価格の変更はありません。
店頭買取は名古屋市熱田区になります

管楽器買取センター きさらぎ TEL:052−652−6614(FAX兼用)
〒454-0854 名古屋市中川区松年町3丁目6番地-2
(日曜日・月曜日定休)



copyright (C) KISARAGI All Rights Reserved.