楽器買取・金管楽器、木管楽器、弦楽器の買い取り

楽器買取専門サイト 中古楽器STATION 楽器買取専門サイト 中古楽器STATION

全国より送料無料で宅配買取してます

買取楽器ジャンル

管楽器買取お任せください!

楽器買取・管楽器キャンペーン中!

管楽器はこのような状態でも買い取り可能です!状態の良い楽器はさらに高価買取できます!
●管楽器のキーが動かない!
●ピストン・ロータリーが固まって動かない!動きが悪い!
●管楽器のスライドが抜けない!
●管楽器のタンポが取れていて無い!
●管が少々へこんでいる!
●管楽器のメッキが黒くなっている!
●管楽器のメッキや塗装が剥れてきている!
●管楽器にサビがある!
●音が出ない! ・・・・・等など。

あきらめていた方!まず、楽器買取り無料査定にお申込み下さい。きっとご満足いただける査定額をお出しいたします。 ご満足いただけましたら、お申し込みください。※一部対象外の楽器もございます。

サクソフォン買取キャンペーン実施中

ソプラノサックス 買取
ソプラノサックスの調性は変ロ(B♭)調でアルトよりも完全5度高いし実音は記譜より2度低い。また、テナーと同じ調性であるため、ジャズなどではテナー奏者が持ち替えて演奏することが多い。形状としてはネックからベルまで円錐状の直管(ストレート)である。柳澤管楽器がカーブドネック(少しカーブしている)の楽器を発売してから、音色の柔らかさも手伝いカーブドネックも一般的になってきた。また両方の特性を1本の楽器で補う為、アルト以下と同様にネック部分の分割を採用し、ストレートとカーブドのネックを付け替え式にしたものもある(デタッチャブルネック)。カーブドソプラノと称するアルトサクソフォーン同様全体が曲管である楽器や、サクセロと称したベル部だけが正面を向いた楽器も存在する。

アルトサックス
買取
アルトサックスの調性は変ホ(E♭)調で、実音は記譜より長6度低い。ソプラノと比較してネックが大きく曲がり、本体も途中で折り返した構造となっている(ごく稀にネック部以外がほぼ直管の「ストレートアルト」も存在するが、一般的ではない)。サクソフォーンと言えばこの構造がイメージされることも多く、サクソフォーンの中で最も標準的な楽器といえる。クラシカルサクソフォーンのための独奏曲、協奏曲はほとんどがアルトサクソフォーンのために書かれている。また、ビッグバンドのサクソフォーンセクションはアルトがセクションリーダーを務め、主旋律を奏でることが一般的である。

テナーサックス
買取
テナーサックスの調性は変ロ(B♭)調でアルトサックスより完全4度低い音域である。アルトと比較してネックや本体が長く管の曲がりが大きいが、基本的な構造はアルトに類似している(アルト同様、ごく稀にネック部以外がほぼ直管の向いた「ストレートテナー」も存在するが、やはり一般的ではない)。 アルトの次によく使われる楽器で、演奏者も多い。男性的かつ豪快な音色を持つことから、ジャズ、ポピュラーミュージックでは幅広いジャンルでソロ楽器としても重用されている。

バリトンサックス買取
バリトンサックスの調性は変ホ(E♭)調でアルトよりも1オクターヴ低い。アルト・テナーと比べるとネック近くの本体に折り返しが設けられているなどの構造上の差異が見られる。座位で演奏した際に楽器本体が床に大きく接近してしまうため、ベルの折り返し部分に1脚が組み込まれているものも存在する。主に吹奏楽ではサクソフォーン及び木管セクションのバス声部を担当するほか、ビッグバンドでは低声部を担当する。

選べる買取コース

楽器買取の流れ1 楽器買取の流れ2

買取 取扱い楽器

金管楽器の買取 木管楽器の買取 その他楽器の買取

情報 STATION

お客様の声 中古楽器STATIONの買取基準 楽器買取可能エリア 楽器買取についてよくある質問 楽器買取専門サイト 中古楽器STATION サイトマップ

買取取扱いメーカー

【トランペット】
ヤマハ(YAMAHA)、ゲッツェン(Getzen)、カンスタル(KANSTUL)、コーン(C.G..Conn)、シェルツァー(Johaness Scherzer)、シャガール(Scagerl)、シルキー(Schilke)、ストンビ(Stonvi)、バック(Bach)、ヘッケル(Heckel)、ベッソン(Besson)、ベルント・C・マイヤー(Berndt C.Meyer)、モンケ(Josef Monke)、レヒナー(Lechner)、等
【ホルン】
ヤマハ(YAMAHA)、アレキサンダー(Alexander)、パックスマン(Paxman)、ホルトン(Holton)、コーン(C.G.Conn)、オットー(OTTO)、キューン(Kuhn)、クノッフ(Knopf)、クーリア(Curia)、イラチェク(JIRACEK)、Eシュミット(E.Schmid)、クルスペ(Kuruspe)、ハンスホイヤー(Hans Hoyer)、ハーグストン(Haagston)、ユングヴィルト(Jungwirth)、アトリエ・ハーロー(Atelier Harlow) 等
【トロンボーン】
ヤマハ(YAMAHA)、バック(Bach)、コーン(C.G.Conn)、ゲッツェン(Getzen)、カンスタル(KANSTUL)、キング(KING)、シャイアーズ(Shires)、グラッスル(H.Glassl)、ベッソン(Besson)、レッチェ(LATZSCH)、ホルトン(Holton)等
【ユーフォニウム/ユーフォニアム】
ウィルソン(Willson)、カンスタル(KANSTUL)、ヒルスブルナー(HIRSBRUNER)、ベッソン(Besson)、ヤマハ(YAMAHA 等
【チューバ】
ヤマハ(YAMAHA)、ベッソン(Besson)、アレキサンダー(Alexander)、ウィルソン(Willson)、ビー・アンド・エス(B&S)、コーン(C.G.Conn)、bmシンフォニック(bm Symphonic)、マイネル・ウェストン(Meinl Weston)、チェルベニー(V.F.Cerveny)、ヒルスブルナー(HIRSBRUNER)、マイスター・アントン(Meister Anton)、ミラフォン(MIRAPHONE)、 等
【フルート・ピッコロ】
アルタス(Altus)、サンキョー(SANKYO)、 ハンミッヒ(Hammig)、パウエル(Powell)、パール(Pearl)、ミヤザワ(MIYAZAWA)、マテキ(MATEKI)、ムラマツ(MURAMATSU)、ヤマハ(YAMAHA)
【サックス】
キャノンボール(CannonBall)、セルマー(Selmer)、ヤマハ(YAMAHA)、ヤナギサワ(YANAGISAWA
【オーボエ】
クランポン(Buffet Crampon)、ブルゲローニ(BLGHERONI)、リグータ(Rigoutat)、マリゴ(Marigaux)、マリゴストラッサー(Marigaux Strasser)、 ヤマハ(YAMAHA)、フォックス(FOX)、メーニッヒ(Monning)、ヨーゼフ(JOSEF)、ロレー(F.Loree)、デュパン
【クラリネット】
ヴーリッツアー(Herbert Wurlitzer)、ハンマーシュミット(O.Hammerschmidt)、オルジー(ORSI)、セルマー(Selmer)、クランポン(Buffet Crampon)、ヤマハ(YAMAHA)、ルブラン(Leblanc)
【ファゴット/バスーン】
シュライバー(wenzel Schreiber)、セルマー(Selmer)、ピュヒナー(Puchner)、フォックス(FOX)、ヘッケル(Heckel)、ベルンドモースマン(Bernd moosmann)、モーレンハウエル(Mollenhauer)、ヤマハ(YAMAHA)
マンドリンマンドラマンドチェロ
ヤマハ管楽器買取
明治30年(1897年)日本楽器製造株式会社(ニチガク)として発足、YAMAHAのブランド名で展開してきたが、創業90周年の昭和62年(1987年)に社名をヤマハ株式会社に改称。

眠っている楽器に活躍の場!

眠っている楽器に再び活躍したいという声をよく聞きます。そんな楽器を新たな奏者の元に届けたいと、中古楽器STATIONは始まりました。 楽器をお売りになった方からは「楽器を高価に買ってもらいよかった!」「大切にしていたので誰かに使ってもらえて嬉しい!」というお声を全国より頂いております。 安心・迅速・信頼をモットーに木管楽器・金管楽器・弦楽器を高価買い取りいたしますので、今すぐお気軽にご連絡ください!!

強化買取楽器

強化買取楽器についてはさらに査定アップしています。

【管楽器買取り】
●サックス
●フルート
●ピッコロ
●オーボエ
●クラリネット・バスクラリネット
●ファゴット・バスーン
●トランペット
●コルネット
●フリューゲルホルン
●ホルン
●トロンボーン
●ユーフォニアム
●チューバ
等の金管楽器・木管楽器

【弦楽器買取り】
●バオリン
●ビオラ
●チェロ
●サイレント楽器
●ギター
●マンドリン
●マンドラ
●マンドセロ・マンドロンチェロ
●エレキギター
●アコースティックギター
●クラシックギター
●フォークギター 等

セルマーサックス買取
1885年セルマーのパリ社は設立されました。クラリネット&サクソフォンで数々の名器を製作してきました。 現在ではサックスがビギナーからプロ演奏家まで世界中のアーチストに愛用されています。特に現在にサックスSA80 SERIEII(スーパーアクション80.シリーズII)やSERIE III(シリーズIII)は人気が高いです。

バックトランペット・トロンボーン買取
1918年にトランペット奏者ヴィンセント・バック(ウィーン1890-1976)により設立されたが、1961年にセルマーUSAに買収されて辞任した。設立初期はマウスピースを手がけていたが、その後トランペットを製造。この数年間でヴィンセント・バック社はアポロ (Apollo) 、ミネルバ (Minerva) 、マーキュリー (Mercury) 、メルセデス (Mercedes) 、ストラディバリウス (Stradivarius) などのブランド名で金管楽器のトランペット、コルネット、フリューゲルホルン、トロンボーンを製造し

ベッソンユーフォニアム買取
イギリスのメーカーで1851年に英国で金管楽器の生産を初めています。ブージー社(コンペンセイティングシステムを開発導入)に始まり、ホークス社、最後にベッソン(Besson)社が加わって、現在のベッソンブランドを確立させた。

シルキートランペット買取
シルキーは最高の楽器を作るために熟練した職人の手によってパーツ1つ1つまで自社にて一貫生産している。これは、すべてのパーツにおいて最高のレベルを求めるためである。シルキーは組立治具や流れ作業のライン、酸性の溶液などは用いないため、1本のシルキーが出荷されるまでには、熟練工の膨大な作業時間がかかっている。創業以来すべての製作に一切の妥協を許していない。

クランポンクラリネット買取
1825年パリ市内のパッサージュ・デュ・グラン・セルフで誕生した。1839年ベーム・システムのクラリネットをクラリネット奏者のクローゼと協力して開発した。サックスも考案者アドルフ・サックスの特許権が切れるとすぐに改良に着手した

北海道東北地方:北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島
関東地方:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨
信越地方:新潟、長野
北陸地方:富山、石川、福井
東海地方:愛知(名古屋市内)、岐阜、静岡、三重
近畿地方:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山
中国地方:鳥取、島根、岡山、広島、山口
四国地方:徳島、香川、愛媛、高知
九州沖縄地方:福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄